2006年10月22日

ゼルダの伝説

1986年のディスクシステムの新登場と同時に発売されたディスクのうちのひとつ。
後に「ゼルダの伝説1」というタイトルのカセット版も発売されました。
ファミコン初のRPGなんじゃないでしょうか。今でも大人気のシリーズの第一弾です。
主人公リンクが謎解きをしながらトライフォースを集める冒険をして大魔王ガノンをやっつける。
残念ながら今回は、書き換えられたディスクでシールも貼られてないので、ディスクの写真はありません。
あと、ディスクのB面がエラーで読み込むことができなかったので、ゲーム画像もタイトル画面だけ…
しかもビデオキャプチャの色調整ができずに、色がきちんとでなくて滝も写ってないし。

「みんなにはナイショだよ」って言いながらお小遣いくれる敵っていったい…

GAMEBOY ADVANCEのファミコンミニ iconで今でもできるよ! 


メーカー:任天堂
発売:1986/02/21
タイプ:アクションRPG

zelda-title



押して〜>>>
posted by ファミコンカセット at 18:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 任天堂
この記事へのコメント
オレはこのタイトルの滝の画面と
音だけでもけっこう鳥肌もんだったわ。
フィールドのBGMもお気に入りだったね〜
迷路は攻略本無しにはまずクリア無理。。。
Posted by まっ⊃ん' at 2006年10月22日 21:07
ゼルダの伝説のディスク、うちにもまだあったはず。ディスクシステム自体が壊れちゃったんで、何年も起動してないので読めるかどうか分かりませんが、、、、
裏面?って言うのかな?一度クリアした後に出来るヤツ。それはクリアできませんでした。

同時に発売されたのは「謎の村雨城」でしたっけ?
Posted by ryo at 2006年10月22日 21:30
> まっ⊃ん'さん
ディスクシステムは当時のカセットよりも音が良いのも売りだったんだよね〜

> ryoさん
裏ゼルダですね。ムズいっすよね〜
名前をZELDAにすると、いきなり裏ゼルダになるのはあまりにも有名。

村雨城はちょっとだけ後ですね。
同時に発売されたのは、スーマリとか初期のカセットの移植です。
村雨城はディスクオリジナルとしてゼルダに続く第2弾のはず。
Posted by kunyami at 2006年10月22日 22:20
相互リンク、どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

p.s.
ゼルダ、思い出しただけでも泣けますね。何であんなに感動したんだろうって不思議なくらい、毎日感動していました。
Posted by いぬ at 2006年11月17日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。